天井裏と屋根裏、小屋裏の違いって?

投稿9660のアイキャッチその他
スポンサーリンク

今日は、天井裏屋根裏小屋裏」の違いについてのお話です。

似たような用語が氾濫していて、一般の方には紛らわしい🥴と思われますので、この点につきまして、建築士視点の主観により、簡単に整理させて頂こうと思います。

実は、次に予定している投稿で「天井裏の構造」についてのお話をしようと思っているのですが、この辺りの用語が曖昧なままだと、話もしくいため、先だって整理させて頂くことにした次第です。😊👌
 

スポンサーリンク

天井裏、屋根裏、小屋裏の違い

天井裏」と似た言葉で「小屋裏」、「屋根裏」という言葉がありますので、いずれも明確な定義はないのですが、この辺りを整理してみます。

ここでは各「」のお話をしますので、「裏」が存在しない、いわゆる「直天井」については、今回は割愛させて頂きます。😌

天井裏とは?

天井裏」とは? 文字通りになりますが、「天井」の「」です。
英語で言うと、Google翻訳さんによれば、「Attic」だそうです。😑

直観的にお分かりになるかとは思うのですが、もう少し認識しやすく言い換えるとしますと、「天井」の「裏」ではなく「裏側もしくは上側の空間」とでも言った方が適切なのでしょうか・・・🤔

おそらく、皆さんのご認識通りだとは思うのですが、図面で見てみます。👊

まず、4F建てRC造の「矩計(かなばかり)図」という、平たく言うと、言わば「断面詳細図」の1-2F部分の抜粋なのですが、以下👇のような、天井面の裏側(上側)で、上階の床躯体までの空間が「天井裏」ということになります。

天井裏を図示した4F建てRC造の矩計図(1-2F部分抜粋)の図面画像 ※天井裏と屋根裏の違い、屋根裏と小屋裏の違い、天井裏と小屋裏の違い解説用画像1
■4F建てRC造の矩計図(1-2F部分抜粋)

写真で見てみますと、この👆建物ではないのですが、RC造の「天井裏」はこんな👇感じになっています。

別の4F建てRC造の2F天井裏を撮影した写真画像 ※天井裏と屋根裏の違い、屋根裏と小屋裏の違い、天井裏と小屋裏の違い解説用画像2
■別の4F建てRC造の2F天井裏

ここでは細かい話は主旨から逸れますので、割愛しますが、上側に写っている面が上階の床躯体、つまり、RCの場合は床版(スラブ)と呼ばれる部材になりまして、この「天井裏」空間を利用して、設備配管や配線やらが所狭しと配置されていることになります。
ちょうど水回りの天井裏ですので、特に少々混み合っていますね。😅


次に、木造2F建ての矩計図の1F部分抜粋で見てみますと、以下👇のような部分が「天井裏」です。
先のRC造とは構造が根本的に違いますので、どこからどこまでが天井裏?と聞かれると、ちょっと微妙な部分もあるのですが、床躯体の下側まで、という点は変わりません。

天井裏を図示した2F建て木造の矩計図(1F部の抜粋)の図面画像 ※天井裏と屋根裏の違い、屋根裏と小屋裏の違い、天井裏と小屋裏の違い解説用画像3
■2F建て木造の矩計図(1F部の抜粋)

以下👇の写真に赤字でコメントを入れた「上階の床合板の下面」の矢視が、文字通り上階の床躯体になりますので、この面までが「天井裏」です。

別の2F建て木造の1F天井裏を撮影した写真画像 ※天井裏と屋根裏の違い、屋根裏と小屋裏の違い、天井裏と小屋裏の違い解説用画像4
■別の2F建て木造の1F天井裏

また、これら👆は中間階の天井裏ですが、最上階の場合は、屋根躯体の裏側までが「天井裏」ということになります。

つまり、2F建ての建物であれば、1F天井と2F天井がありますから、その裏側(上側)の空間が、それぞれ1F天井裏、2F天井裏ということになりますので、断面的に見ると、二層分の天井裏があるということになりますよね。😉
もちろん、3F建てであれば、もう一面3F天井裏が追加されますので、要するに、断面的に見ると、階数分の「天井裏」が存在するということです。

ちなみに、屋根形状にも階にも関わらず天井があって、その上側(裏側)に空間があれば、すべて「天井裏」となりますので、最上階の天井面の上側の空間に当たる、以下の小屋裏」も「屋根裏」も、この「天井裏」に含まれます。☝

小屋裏とは?

では「小屋裏」とは?
これも文字通りになるのですが、要するに「小屋」の「裏側の空間」ですよね。

これも、英訳を確認してみますと、直訳過ぎる気もしますが・・・
Behind the hut」とのこと。😨❓

小屋」とは何ぞや?という観点も踏まえてお話ししますと、通常は「勾配の付いた屋根」的な意味合いで使われますので、「勾配の付いた屋根」の「裏側の空間」となります。
また、前項の「天井裏」では「上側」にあった空間が、「小屋裏」の場合は「小屋」の「裏側」ですから、「下側」ということになりますよね。😉

つまり、勾配の付いた屋根」の「裏側もしくは下側の空間」が「小屋裏と呼ばれているということになります。

図面(矩計図)で見ますと、以下👇の「=小屋裏」とコメントを入れている箇所が、「小屋裏」に該当します。

小屋裏を図示した2F建て木造の矩計スケッチ(2F部分抜粋)図面画像 ※天井裏と屋根裏の違い、屋根裏と小屋裏の違い、天井裏と小屋裏の違い解説用画像6
■2F建て木造の矩計スケッチ(2F部分抜粋)
小屋裏を図示した別の2F建て木造の矩計図(小屋裏部分抜粋)図面画像 ※天井裏と屋根裏の違い、屋根裏と小屋裏の違い、天井裏と小屋裏の違い解説用画像7
■別の2F建て木造の矩計図(小屋裏部分抜粋)

前項の「天井裏」との関係でお話ししますと、「天井裏」の中の勾配屋根の最上階の天井裏」=「小屋裏とお考えいただいて間違いないはずです。☝

勾配が急であれば、それなりに高さも取れますので、皆さんもご存じの「小屋裏収納」や「ロフト」などに利用される場合が多いのも、この「小屋裏」ですよね。😊

筆者の建売マイホームの小屋裏を撮影した写真画像 ※天井裏と屋根裏の違い、屋根裏と小屋裏の違い、天井裏と小屋裏の違い解説用画像8
■筆者の建売マイホームの小屋裏

この👆写真は、筆者の建売マイホームの「小屋裏」の写真なのですが、所詮建売ですので、残念ながら、小屋裏利用は何も考慮されていない、無駄に大きめの「小屋裏」になっています。😅

「大きめ」とは言え、いわゆる「小屋裏収納」的に利用するには、ちょっと高さが足りないので、どっち付かずの、中途半端なもったいない空間です。😑

ちなみに、下側に写っているピンク色のビニール断熱材です。
天井断熱と呼ばれる断熱工法の場合は、この👆ように天井面のすぐ上に敷かれますが、屋根断熱という形式だと、屋根のすぐ裏で断熱されますので、天井断熱に比べると、小屋裏の温度が外部の温度に左右されにくくなります
ですので、「小屋裏収納」や「ロフト」として利用する場合は、屋根断熱が採用されます。☝

屋根裏とは?

屋根裏」とは?
これも同様にいきますと、「屋根」の「裏側の空間」ということになります。

同じく、Google翻訳さんで英訳を確認しますと、「天井裏」と同じ「Attic」という単語が当てはめられているようです。🤨

英訳はいいとして、前項の「小屋裏」と何が違うのか?という観点でお話ししますと、ほぼ同義語とお考えいただいてもいいところなのですが、強いて区別するとすれば、屋根裏」は屋根形状に依存しませんので、フラットな屋根の場合でも、その裏側は「屋根裏」と呼ばれる場合があります。

単純に、屋根の裏側の天井裏だから、「屋根裏」という意味ですね。😅

屋根裏を図示した4F建てRC造の矩計図(4F部分抜粋)の図面画像 ※天井裏と屋根裏の違い、屋根裏と小屋裏の違い、天井裏と小屋裏の違い解説用画像9
■4F建てRC造の矩計図(4F部分抜粋)

つまり、屋根形状に関わらず、屋根があって、その裏側(下側)に空間があるなら、すべて「屋根裏」と呼べますので、英語とはちょっとニュアンスが違いますが、最上階の天井裏」=「屋根裏ということになります。☝

この屋根裏については、あまりいい写真がなかったのですが・・・ 😫
例えばこれ👇は、別のRC造の最上階の「天井裏」、つまり「屋根裏」の写真になります。
劣化調査をした際のものですのでちょっと古めの建物です。

別のRC造5F建ての屋根裏を撮影した写真画像 ※天井裏と屋根裏の違い、屋根裏と小屋裏の違い、天井裏と小屋裏の違い解説用画像10
■別のRC造5F建ての屋根裏

原則として、ただの「天井裏」と変わりはないのですが、通常は排水管はありません。🙁
また、「内断熱」という工法の場合は、写真中の赤矢視の面に断熱材が入っていることになります。

話のニュアンスは逸れるのですが・・・
コスト的には内断熱の方がお安く上がるため、昔は内断熱の方がよく採用されていたのですが、最近は外断熱がだいぶ普及してきた印象があります。

RC造の外断熱の場合は、この👆写真のように他の階の「天井裏」と何ら変わらない「屋根裏」となりますので、この建物は、古めの建物のわりに外断熱工法を採用している、ということになりますね。😉
蛇足でした。😌

今日のまとめ

本日は、キチンとした定義がない、似たような用語、「天井裏」と「屋根裏」、「小屋裏」の違いについて、筆者の建築士的な主観を元に整理してみました。🙌

以上をまとめますと、「天井」は各階にありますので、全ての階「天井」の裏側(上側)の空間が「天井裏
最上階の「天井裏」に限り「屋根裏勾配屋根の場合の最上階の「天井裏」については小屋裏と呼ぶということです。☝

筆者の建売マイホームの1F天井裏を撮影した写真画像 ※天井裏と屋根裏の違い、屋根裏と小屋裏の違い、天井裏と小屋裏の違い解説用画像11
■筆者の建売マイホームの1F天井裏

特に「屋根裏」と「小屋裏」は、ほぼ同義語として使われますが、強いて区別するとすれば、ややニュアンスが違います。😉
だから何だ!😡」と言われてしまうと困ってしまう😖のですが、そんな違いがあることをお伝えしたかっただけです。😅


そんな訳で、当サイトではまとめて「天井裏」という言葉を使っていますが、この小屋裏屋根裏を含む、実際の「天井裏の構成や構造については、以下👇の投稿でご紹介しています。

  • 天井裏構造1:木造編は、 👉 こちら
  • 天井裏構造2:RC造編は、 👉 こちら
  • 天井裏構造3:鉄骨造編は、👉 こちら

ご興味とお時間がありましたら、合わせてお立ち寄り頂ければと思います。😊



整理したつもりではあるのですが、典型的な理系脳ですので、逆に分かりにくくて、紛らわしくなってしまっていたらゴメンなさい。🙏

簡単な投稿となり、大変恐縮ですが、ご拝読どうも有難うございました。😌
 
 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました