他のカテゴリーに分類しづらい記事

他のカテゴリーに分類しづらい記事です

その他

フェンス種類の調べ方:品名などの特定の仕方

破損した部分を交換したい場合に必要になる、フェンス種類の調べ方(品名などの特定の仕方)を徹底的に解説している投稿です。「メッシュフェンス」を例にとりますが、調べ方(特定の仕方)としては、既製品でしたら他のフェンス種類にも応用が可能ですので、ぜひご活用ください!
その他

巾木とは?【完全版】

そもそも巾木とは何か?という点から始まり、その定義、読み方、英語表記、役割や固定方法、巾木の種類など、実際の施工例も交えながら、徹底的にご紹介している投稿です。思いつく限りなのですが、巾木について思い付いた内容はほぼ網羅していますので、何かの参考になれば幸いです。
その他

久しぶりの建売ダメ出し!👊(ダメ出し014)

新たなダメ出しエピソードをご紹介しつつ、過去のダメ出しにも立ち戻って、建売住宅で失敗しないためにどうしたらいいか?という点について、一建築士としての考えをザッとまとめた投稿です。六年間に渡り、建売に住まうことになってしまった、とある建築士の個人的見解になります。
スポンサーリンク
その他

腰窓のメリットを検証してみました!

腰窓とは何か?を解説している、コンプリート版解説の補足記事として、メリットとして挙げた3点、防犯性能、コスト面(コスパ)、省エネ性能について、具体的に検証し客観的な根拠を整理した、知られざる腰窓の真実を暴く投稿です。←やや大げさに書いてます(笑)
その他

腰窓とは?【完全版】

腰窓とは何か?を徹底解説している、腰窓についてのコンプリート版解説です。メリットやデメリットを含めて、具体的にどんな窓が腰窓なのか?という点を整理した上で、防犯性、コスト面、省エネ性能については、具体的かつ客観的な数字で、知られざる事実を検証し裏付けます。
その他

ノコ刃の交換の仕方

おすすめDIY用鋸(のこぎり)の中から、手ノコ①:デコラソー240のノコ刃(鋸刃)の交換の仕方(交換方法)を解説している投稿です。 筆者のおすすめ鋸(ノコギリ)4点を紹介している本投稿への補足記事になります。
その他

ニトリさんもアスベスト含有製品?:2020.12/27朝刊より

ニトリさんの珪藻土製品(バスマットとコースター)にアスベストが含まれていたという新聞記事について、なぜ今頃アスベスト含有(石綿含有)製品が出てきたのか?という視点で、調査し、考察しました。中国ってアスベスト(石綿)埋蔵量で世界三位、生産量で世界二位なんですね。
その他

天井裏の入り方、覗き方

小屋裏や天井裏への入り方と、天井点検口がなくて、どうしても入れない場合の小屋裏や天井裏の覗き方についてご説明します。 点検口が見つからない場合の探し方なども、実際の写真や図面を使って解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。
その他

天井裏に入る際の注意事項

天井裏への入り方を解説する投稿の補足としまして、天井裏に入って作業する際の安全対策などに係る注意事項を抜粋してまとめた投稿です。 最も注意すべき点は、天井裏作業での踏み抜きリスク(天井自体の脱落など)を抑える点と、最上階天井裏(小屋裏)の夏場の温度ですので、くれぐれもご注意ください!
その他

天井裏の構造を解説します3-鉄骨造(S造)編

天井裏の構造はどんな構成になっているのか?を解説する三連載シリーズの最終章、第三弾に当たる「鉄骨造(S造)編」になります。 過去に実際に携わった鉄骨造(S造)建物を例に取り、その天井裏の構造や構成について、実施図面と写真を使って、具体的にご説明していきます。
その他

アスベスト訴訟、国の賠償責任が確定!:2020.12/17朝刊より

アスベスト(石綿)の基本知識を整理しつつ、アスベスト(石綿)の集団訴訟で「一人親方」も救済されるべきとの喜ばしい判決が出たという、昨日の朝刊記事を読んで、個人事業主かつ建築士として、思ったことを綴った独り言のような記事です。
その他

天井裏の構造を解説します2-鉄筋コンクリート造(RC造)編

天井裏の構造はどんな構成になっているのか?を解説する三連載シリーズの第二弾、「鉄筋コンクリート造(RC造)編」です。 主に、筆者が過去に携わった実際のRC造建物の天井裏を例に、その構造と構成について、図面と写真を使って、細かく解説していきます。
その他

天井裏の構造を解説します1-木造(W造)編

天井裏の構造はどんな構成になっているのか?を解説する三連載シリーズの第一弾、「木造(W造)編」です。 主に、在来軸組工法の二階建て木造住宅の天井裏を例にとって、その構造と構成について、実際の図面と写真を使って、具体的かつ細かめに解説しています。
その他

天井裏と屋根裏、小屋裏の違いって?

似たような用語で紛らわしい、天井裏、屋根裏、小屋裏の違いについて、確固たる定義はありませんので、建築士である筆者の主観の元ですが・・・、写真や図面をご紹介しながら、整理して解説している投稿です。
その他

大容量コーヒーメーカー、メリタ:MKM4101

WEBでは絞りにくかった大容量の(大きめの)コーヒーメーカーをピンポイントでご紹介しつつ、実際にどのくらいの大容量か検証します。メリタジャパンさんの大容量コーヒーメーカー:MKM-4101は実際に1.4L(入るコーヒーは1.2L強)ほどの容量でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました