2019-02

外装関係

勝手口タタキⅠの床を補強します

既製品ウッドデッキ床の補強方法を、「床板の補強」と「床下地の補強」の二通り、具体的な画像も交えながら、ご説明しているお話です。本投稿でご紹介した、勝手口のタタキとして使用した、ちょっと頼りない部材構成だった既製品のウッドデッキ床の、念のための補強になります。
外装関係

勝手口にタタキを作りますⅠ

建築士である筆者の、建売マイホームの勝手口に、既製品のウッドデッキを使ったDIYにて、勝手口タタキ(ステップ又は踏み台)を作った時のお話です。筆者のこのDIY経験を元に、実際に使った材料や工具などを紹介しながら、具体的な作り方まで解説した記事になっています。
内装関係

DIYで可動棚を造りません?Ⅰ

既存の収納スペース内に、DIYによるダボレール可動棚の造り方(作り方)を、段階ごとに具体的に解説している投稿。 ※ちょうどいい位置に下地がない場合でも対応可能な方法論です♪ だいぶ長めの投稿になるのですが、応用しつつ実践して頂ければ、自分好みの可動棚が完成するはず!
その他

いったい何が憂鬱なのよ? PartⅡ

筆者の新築建売マイホームの、見ためだけの減額によって削られた、カーテンレールや網戸、TVアンテナ、照明等がないじゃんか!という細かいダメ出しになります。 前投稿に引き続きまして、気に入らない点を具体的にダメ出しして列挙していっている投稿の第二弾です。
その他

いったい何が憂鬱なのよ? PartⅠ

建築士である筆者の「憂鬱」の要因となっている、ダメダメな建売マイホームの気に入らない点を、具体的にダメ出しする投稿の前半です。批判的な投稿にはなるのですが、前向きなリフォームに向けての原動力になる部分ですので、ご理解頂くとともに、ご容赦頂ければと思います。
その他

新築だって、そりゃリフォームしますよ!

気に入らないことだらけだった、新築の建売をマイホームを、新築なのにリフォームするお話。 建築士である筆者が、別の投稿で挙げまくらせて頂いた、ダメ出しの改善策を項目ごとに検討して、具体的なリフォーム案や施工例をご紹介していきます。
その他

憂鬱の始まり

自分で設計した家に住むことになると当たり前に思い込んでいた、とある建築士である筆者が、色んな経緯を経て、ブログタイトルにもしている「憂鬱」の元となる、建売住宅をマイホームとして購入することになってしまった時の経緯をご説明している投稿です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました