スポンサーリンク

下地センサーの使い方①

投稿3056のアイキャッチ画像 その他

今日は、「天井点検口の付け方」をご紹介した、別の投稿で軽く触れさせて頂いた、石膏ボード内等の見えない部分の下地を探すための工具、いわゆる「下地センサー」の使い方を抜粋して、もう少し詳しく説明していこうと思います。

「下地チェッカー」とも呼ばれているようですので、そのような認識の方は読み替えてください。

下地探しグッズの使い方が分からないと、ボード内などの下地の位置も認識しにくいですよね?
その投稿の中では筆者の手持ちの下地探しグッズの中から、下地センサー HG 78577の使い方を軽く説明しつつ、使用した訳ですが、その際の具体的なお話を元に、主にこの下地センサー(チェッカー)の使い方について整理していきます。

また後半では、どの程度の誤差が出るものなのか?という観点での考察も入れておきましたし、もちろん壁の下地を探す際にもフツーに応用が利きますので、天井は元より壁も含めた隠れた部分の下地探しの参考にして頂けると幸いです。😌

元となる投稿は、先ほども書いた通り天井点検口の話ですので、当たり前に天井面での様子を撮影したかったわけですが、重力に逆らいながら、二本しかない手で天井面を走査しなければならないため、どうしても撮影まではできず断念・・・ 🥵
実際の走査している写真については、壁面でのご説明となりますこと、ご理解いただければと思います。😓

  

スポンサーリンク

下地センサー HG 78577

ムラウチさんの商品リンク

リンク先の商品ページでご確認いただければ、色々と説明してくれているのですが、ご面倒な方などもいらっしゃるかもしれませんので、しつこいようですが、ここ👉にも同じ下地センサー HG 78577の商品リンク画像を今一度貼っておきます。

※この↑リンクはサイト内の別の投稿へのリンクです。

他の投稿でも何回かご紹介してはいますが、製品としてはこんな感じ👉の製品になります。
※楽天市場の「ムラウチ」さんからの出展です。

電気式というか電池式の下地センサーの中では、比較的扱いやすく、何しろお手頃価格ですので、コストパフォーマンスは高めの製品です。
おそらく、一番普及しているものではないかと思います。😊

念のためですが、リンクをクリックしてもご購入されない限りは一銭も発生しませんので、
(ご安心頂いて・・・)機能などの詳細はリンク先をご参照頂ければと思います 😌

 
ここで、ちょっと本論から逸れます。
ある意味どうでもいいお話かも知れないのですが、個人的に気になっていた点をこの場を借りて整理させて頂くと、おそらく・・・
 
製品名」が「下地センサーHGで、品番」が「78577ということだと思います。
メーカーは、測定・計測工具系としては名高く、圧倒的なシェアを握る「シンワ測定(株)」さんになります。

メーカーさん側の製品情報ページへのリンクも以下に貼っておきますので、詳細についてはご参照願えればと思います。

 ・メーカーさんの取扱説明書ページ
 ・メーカーさんの製品紹介ページ

実際の使い方

実際の使い方としましては、至ってシンプルなのですが、壁面でご紹介しますと・・・、
この製品の平らな面を壁面に当て、壁面を左右(もしくは上下)に走査しながら下地の位置を探していく形になります。
 
実際に手に取って、壁面に当てますと、以下👇のような感じです。

筆者の下地センサー:HG 78577を壁面に当てて撮影した写真画像
■筆者の下地センサー HG 78577

まあ、「センサー」とは呼ばれていますが、さほど大げさなものではなく、基本的に手のひらサイズですので、比較的持ちやすいですし、感じ方には個人差もあるでしょうが、基本的に軽いものとお考えいただいて大丈夫です。
 

これを壁に押し当てて、走査して探るわけですが、闇雲(やみくも)にただ壁面をズリズリすればいいというわけではありません
・・・とは言え、説明しているとまた長くなってしまいますので、この写真に写っている範囲でザッと説明することにしますと・・・👇👇👇

細かいニュアンスがお伝え出来ない場合がありますので、実際の使用に際しては、取扱説明書の方も合わせてご確認いただくことを強くお勧めします。😌

下地センサー:HG 78577解説用写真画像
■下地センサー:HG 78577解説用画像

本体中央のの部分が、探索したい下地の深さを決めるスイッチになっていまして、浅モード約19mm/深モード約35mmの二通りの切り替えが可能です。
ここではボード下の下地を探るだけですので、「浅モード」を選択。

壁面のボードは一般的には12.5mmで、天井のボードは一般的には9.5mm。
建物の構造が「準耐火」などの場合は、壁ボードが15mmだったり、天井ボードも12.5mmだったりしますので、一概には言えないのですが、今回のようなケースの場合については、いずれにしても9割方は「浅モード」で大丈夫です。
😊

次にで矢視した両脇の二か所が、いわゆる「入切スイッチ」になっていまして、この両脇を押しながら走査することでセンサーが機能するようになっています。

大元の入切は付いていませんので、電池を入れた段階でおそらく「待機モード」的な状態になっているんだと思いますので、使わないときは電池を抜いておく必要がある、ということになりますね。🤨

最後に本体中央のやや上部のです。
ここは液晶画面になっていまして、走査していく内に表示が変わる部分になるのですが、探索している面に下地があるのか/ないのかを、判定するための画面ということになります。

ちなみに、下地が付近に見つかっていない場合は、この液晶は何も表示されず、グレー表示のままなのですが、前掲👆の写真では黒い表示が少し出ていますので、下地に近づいてきていることを表している状態です。

文字で書くと、ややこしく感じられるかもしれないのですが、実際に壁面や天井面を適当に走査していると、どういう意味の表示なのか、直感的に認識できるものと思いますので、まずは試しに色々と当たってみた方がいいと思います。🤔

 
実際の使い方としては、本当にいたってシンプルです。👌
 
①をセットし、②を押しながら、壁面をゆっくり走査していきますと、以下👇のような表示が出る瞬間があります。
※「ピ-」と音もなります。

下地が見つかった時の78577の表示例の写真画像
■78577の表示例

ザックリ書きますと、液晶に黒い三角が表示され、本体上部の割れ目(切れ目)の上方壁面に下向きの矢印が照射され、写真では分かりませんがピー音が鳴り始める瞬間です。

この表示は「下地がありそうな箇所が見つかったよ!😍」という表示です。

 
どこに、どう見つかったのか・・・?😳
下の写真でご説明しますと、右側から左方向←に走査してきて、この表示が出た場合は、上部切れ目の中央の赤縦線から、左向きの矢印方向に下地が入っている(いそうな)ことを意味しています。

下地が見つかった時の78577の表示例の解説コメントを入れた写真画像
■78577の表示例の解説

この場合は要するに、下地の右端部を検知している、ということになりますので、下地のイメージをかぶせますと以下のような感じです。

■薄水色が下地のありそうな部分:右端の検知

この段階では下地の範囲は不明なのですが、薄水色部が下地のイメージ範囲ですので、この右端を探知したということになりますので、図の赤矢印ように右側から走査してきている場合、まずはここ(この表示になりピー音が鳴った瞬間)で本体上部の切れ目に(反対の手で)鉛筆などで印を付けることになります

そのまま左方向に走査を進めますが、下地のある部分を通過している最中は、(おそらく)この表示とピー音が鳴ったままになり、通過した付近で音と表示が消えるような印象です。

 
では次に、センサーをもう少し左側に当て直し、左側から右方向→に走査していきます。
 
同じ写真でご説明しますので、実際の下地位置とは違うのですが、表示としては反転するだけですので、左側から走査してきた場合は、以下👇のようなイメージで、この下地の左端部を検知していることになりますので、ここでも同様に本体上部切れ目の部分に印を付けることになります。

■薄水色が下地のありそうな部分:端の検知

右側から走査することで下地の右側左側から走査することで下地の左側の位置を検知して把握することで、この二つの印の中心を下地材の中心付近とみなすことができる・・・という製品です👍
 

意味、お分かりになられますでしょうかね?😅

 
実際にご自身でやってみないと分かりにくいかもしれませんが、やってみてから、もう一回読んでみて頂ければ、おそらく容易にご理解いただけるものと思いますので、まずは実践してみることをお勧めします。👍

 
ちなみに筆者の場合は、鉛筆だと後から上手く消せない場合があるので、以下👇のように養生テープを5mmくらいにカットして貼るようにしています。

下地位置のマーキングの確認をしている写真画像
■下地位置のマーキングの確認

 
ザックリした使い方としては、以上のような感じになるのですが、実際の施工での下地探しの場合、もう少し細かいニュアンスをお伝えしておかなければなりません。

つまり、一個所のマーキングができたら、念のため、壁の場合はその上か下の20~30センチほど離れた箇所で、同様の走査をしておいた方が賢明です。
なぜなら、壁の場合は通常は下地が上下方向に入っているのですが、本当にその縦方向の下地が検知できているのかを確認しておいた方が間違いがないからです。

上下のマーキングの例(壁の場合)を撮影した写真画像
■上下のマーキングの例(壁の場合)

壁内部(または天井内部等)という見えない部分を見ようとしているわけですから、一個所だけですと下地ではない全然違うものを検知してしまっている可能性もありますし、可能性は少ないとしても誤動作であることも無きにしも非ずですので、壁下地の場合は上下いずれかで今一度の走査をしておきましょう!

上下のマーキングをすることで、先の👆写真では、左右マーキングの中心の上下同士を結んだ、青の縦線下地の概ねの中心位置であることがほぼ確実になるため、薄水色で塗った辺りに下地がありそうだ、ということが、これもほぼ確実な線として(ここで初めて)推測できることになるわけですので。

逆に、二回目の捜査結果が一回目の位置と大きくズレていたりする場合、正しく検知できていないことになりますので、位置をズラして何度かやり直す必要があります。

  

実際にやられてみると容易に把握できる話なのですが、入隅面や出隅面に近い箇所での探索はできない場合があります。

製品の性質上、既述の通り左右(もしくは上下)に走査することで、下地の端部を見つける形になりますので、この「走査」自体ができない場合は、基本的に探知もできないという意味です。😱
 
前掲の写真でご説明しますと・・・

前掲の写真の右側のマーキングの解説用写真画像
■前掲の写真の右側のマーキング

この壁面の右側は出隅に当たり、矢視先のマーキングから右の壁の切れ目までは、130mm(13センチほど)しかありませんので、走査はできたとしても、この区間に下地の端が存在しないと検知することができないことになります。

ちなみに、ここの上下マーキングは左側からの走査で付けたものですので、下地の左側の端の概ねの位置になります。

例えば、この130mmの区間でも何とか走査させることができる場合もあるとは思いますので、入っている下地が、間柱など巾の狭い下地の場合は、端部の検知も可能かも知れません。
 
今回のこの部分の場合は、以下の写真のような感じで105mm(10.5センチ)巾の柱が入ってしまっていますので、この柱の右端付近は走査ができませんので、物理的に検知できないということになります。
この点については、ご注意願えればと思います。

この部分の下地範囲(105巾の柱シルエット)を追加した写真画像
■この部分の下地範囲(105巾の柱シルエット)

 
ちなみに、このような場合は、同系統の下地センサーでは基本的に検知できませんので、どうしても下地位置を探りたい場合は、完全手動のいわゆる「下地探し」と呼ばれる工具を使用することになります。

ご存じの方も多くいらっしゃるとは思いますし、一長一短はあるのですが、この「下地探し」はある意味で万能ですので、完全手動にはなりますが、何より安価ですし、一本持っていても絶対に損はしないアイテムかと思います。😉

ザッとした使い方も書いたと思いますので、リンク先も参考にして頂ければ幸いです。😌

  

精度についての印象

どのくらいの精度で端部の位置が検知できているのか?という観点のお話も少し書いておきます。

筆者は本業の方で、たまに調査の仕事が入ることがあるので、その際にはこの下地センサーも使用してはいたのですが、今回のように下地の位置をピンポイントで探すようなケースとは違いますので、実は精度がどのくらいあるものなのか?という点については、正直なところ知りませんでしたし、あんまり気にしていませんでした。😁 

この点については後日になりますが、手持ちの「下地探し」や、もう一つの「下地センサー」と比較したりしながら、もう少し詳しく検証してみるつもりですので、結論については、しばしご猶予頂ければと思います。🙏

ここでは考察までになりますので、個人的な印象と言いますか、使用感的なレベルのお話しになりますこと、予めのご了解をお願いします。😌
 

天井面での考察

前掲の写真に説明用のコメントを書き込んでみたのが以下の画像になります。

下地位置のマーキング写真に解説用のコメントを入れた写真画像
■下地マーキング位置の計測

製品の取扱説明書を読みますと、あくまでも「下地の中心位置を見つけることができるセンサー」ということになっていますので、要するに下地の端を100%的確に検知するものではないわけなのですが、中心だけの把握では足りない場合も多々ありますので、この画像を使って、少し考察しておこうと思います。😉

ちなみに、テープの巾のどちらが下地位置の端として表示された瞬間なのか?という点に関しましては、筆者は内側を基準ラインとして貼っています。

正確な位置を検知できるわけではないとの謡があるとは言え、先👆の写真をみて普通に考えますと、要するに①が下地の右端②が下地の左端の位置と考えるのが妥当な気がします。🧐
 
そこで、定規を当てていますので、その下地の巾がいくつあるのかを読むとしますと、約「80mm(8センチ)」ですよね?👀

ちなみに、この部分は既述の通り別の投稿でご紹介している天井点検口を付けようとしている天井面になるのですが、その投稿でお話ししている通り、実際のここの下地の巾は、実は「45mm(4.5センチ)」しかありません・・・ 🤨💧

 
見えない部分を見ようとしている訳ですので、状況によって前後はあると思いますし、単純に筆者の使い方がおかしいだけなのかも知れませんし、そもそも「正確な位置を検知するわけではない」という大前提もあるわけなのですが、実際にこのマーキング後に定規で測った時は、

へっ?こんなとこに何で下地がダブルで入ってんの???😨💦」

と思ってしまい、だいぶ慌ててしまいました。

既述の通り、筆者の建売マイホームでは鉄骨系の下地ですので、木と比べてしまうと、カットに要する労力がぜんぜん違うからです。💧

 
まぁ、ここは点検口の位置を決めるための探索でしたので、そもそも①と②の中心付近に下地が入っている(いそうな)ことまでが分かれば、特に大きな問題はなかった訳ですが、下地の位置を正確に把握したい場合は、ケースバイケースだとは思うのですが、ちょっと工夫が必要なのかも知れません。🤔

壁面での考察

もう少し認識しやすい画像があればいいのですが、前項の天井面での探索で精度に疑問が生じたため、個人的に「どんなものなんだろう?」ということで、壁面で当たってみた時のお話も少しご紹介しておきます。

使い方のご説明で使用した前掲の壁面になりますが、マーキング位置にスケールを当ててみた画像が以下の写真です。
薄緑色のテープは先ほどのマーキングです。

■探索壁面にスケールを当てた様子

ここに実際に下地(105巾の柱)がある位置を落とし込みますと、以下👇のような感じになります。
赤線がスケールの数字を読んで、画像上で手書きで入れた柱の輪郭線です。

前写真に柱の輪郭を追加した写真画像
■前写真に柱の輪郭を追加した画像

正直な所、天井面での一件がありましたので、「20mmくらいの誤差が出るのかな・・・」などと思っていたのですが、一部を除いて、さほど大きなズレはないように見えますよね?👀

それでは、実際にどの程度のズレが出ているものなのか?
まず、右側から近づいて具体的な寸法を見てみることにします。

前写真の右側の拡大画像に柱の輪郭を落とした画像
■前写真の右側の拡大

柱の巾は105mm。その右側には奥に伸びる壁面のボード12.5mmがあるだけですので、右側の数値は≒12.5mm、右側は12.5+105で117.5mmの位置になるはずです。

建物は基本的に手造りにつき、どんなに正確に造ろうと頑張っても、2~3mmの誤差は当たり前に出ますので、予めご了解をお願いします。
マーキングに貼っているテープ位置も実際には同様に誤差が出ます。

マーキングのテープ右側の数字ですと、123mmほどでしょうかね・・・
テープもそれなりに正確に貼られているものとしますと、ここの誤差は5~6mm程度の印象です。
 

引続きまして、左側も少し拡大して、具体的な寸法を見てみましょう。
あまり近づけていないので、数字が読みづらいとは思うのですが・・・
先ほどの右側の柱から455mm左の位置にこの柱はありますので、右側の線は12.5+455で467.5mmの位置。
左側の線も単純に先の117.5に455を足すだけですので、117.5+455で572.5mmの位置になります。

前々写真の左側の拡大画像に柱の輪郭を落とした画像
■前々写真の左側の拡大

下段のテープはスケールから離れてしまっておりますので、上だけで見ますと、最もズレている右上のテープ左端は495mmほど。
左上のテープについては、この画像では読めませんので、手元の元画像で読みますと571mmほどでした。
つまり、右上のズレは27~28mm左上はほぼ一致しており、ズレは1~2mmほどの印象ということになります。

下段については正確ではないのですが、概ね15mm程度の誤差が出ているのかな・・・、という印象ですよね?

すべての数値がバラバラですので、何とも言い難いところではあるのですが、最大で30mmほどの誤差が出る可能性がある、ということだけは確実に言えるのかなと思います。

手作業と目視での計測ですので、そもそもが愚問かも知れないのですが、この考察から敢えて客観的な数字を導き出すとしますと、右柱の5.5、右柱の上段27.5/1.5、下段の15/15ですので、5.5+27.5+1.5+15+15を、5か所と考えて5で割りますと「12.9」になりますので、誤差としては平均13mmほどということになるのかも知れません。
 

今日のまとめ

今日は、別の投稿「天井点検口の付け方」で軽く触れさせて頂いた、いわゆる「下地センサー(下地チェッカー)の使い方」について、シンワ測定さんの「下地センサー HG 78577」の実際の使い方を本文への補足記事として、もう少し詳しく説明して参りました。

文章での表現でしたので、認識しにくかったかも知れませんが、実際にお使いいただくと、すぐご理解いただけるものと思いますので、せひチャレンジしてみてください。👍

なお、筆者は昔から使っていますので、この投稿を書くに当たっても、基本的に、改めて説明書を読んだりはしていません😱
直観的に使っているだけですので、間違っている点などがありましたらご容赦頂くと共に、正しい使い方については、くれぐれも製品の取扱説明書をご参照いただければと思います。

本投稿「天井点検口の付け方」に戻られる方はこちら

 
ご拝読、どうも有難うございました。🙏
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他 内装関係 補足記事
スポンサーリンク
zukky(A)をフォローする
スポンサーリンク
・・・とある建築士の憂鬱

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク