散水栓のフタ閉まんないじゃん!

その他

こんばんは!😩
最近、前向きな投稿ばかり書いていましたので、久々に思い出した憂鬱なお話・・・
そう、散水栓のフタが閉まらない!😠お話をしようと思います。

少々グチっぽくなるかもしれませんが、1年ほど前に講じた前向きな改善策もご紹介しますので、ご興味がありましたら、ご拝読ください。🙏

ぜんぜんちゃんとは閉まらなかった、散水栓のフタ概ね閉まるように改善したお話になります 😐
 

そもそも普通は閉まるのか?

建築士である筆者が聞くのも変ですが、皆さんのお宅の散水栓のフタはちゃんと閉まりますか?👀

・・・え?👂 閉まりますか・・・?😩
いやいや、確かに常識的に考えれば、閉まって当たり前なんですが・・・😓

ところで散水用のホースリールなどは繋がれてます?
繋がれてないですよねぇ・・・ 😒
確かに筆者の建売マイホームでも、さすがにホースリールを繋げなければ閉まりました。

←ホースリールも繋いでいないのに閉まらないとしたら、明らかな欠陥です 😒

そう!ホースリールを繋ぎっぱなしだと、ちゃんと閉まらないんです 😠

・・・え?👂 ホースリールを繋いでたら閉まらなくって当たり前って? 👀
いやいや、そんなことはありませんよ 😔

散水栓はホースを繋がないと「散水」はできないわけですから、特に住宅系の建物であればなおさらで、(原則)ホースが繋ぎっぱなしの状態でもフタが閉まるように施工される方が当たり前なんです。
しかも市販のホースリールであれば、なおさら蓋は閉まってしかるべきです。👊
 

・・・と、ひとり小芝居が長引いてきてしまいましたので、まずは筆者の建売マイホームの散水栓写真をここ👇でご紹介します。

改善前の建売マイホームの散水栓の写真画像
■建売マイホームの散水栓写真(before)

フタがちゃんと閉まらない状態の写真を撮っておけば良かったのに・・・😩とつくづく後悔しているのですが、スミマセン・・・
改善前のものはこの写真しかないんです  🙍

具体的にどこが芳しくないのかとマーキングしたのが、以下👇の写真です。

改善前の建売マイホームの散水栓の解説用コメント入りの写真画像
■建売マイホームの散水栓写真(before)解説写真

赤で印をつけた紺色の部分が、10mmほど厚みのあるフタの裏側に完全に当たってしまって、土間面からは4~5センチほど出っ張った状態から、それ以上は下がらなかったんです。

筆者の建売マイホームは一連の4棟の中で「2号棟」となっているのですが、お隣の「1号棟」のKさんは、筆者が「閉まんねーじゃん!くそ!○クト○ー○!😠」とぼやいていた独り言を聞いて、庭弄りをしながら、「ウチも閉まりませんよ~😐」と、サラっとおっしゃっていました 😌

ちなみに「○クト○ー○」は、筆者の建売マイホームを企画から販売までしている、比較的地元に近い建売業者さんです。
営業妨害になってはいけませんので、○を3つ付けておきました 😜

 
さて、カタログからの引用になるのですが、製品的には以下のような形状のようで、基本的にホースを繋げたままでもフタが閉まるように配慮され、予めそれ用の穴が孔いているタイプです。

散水栓ボックス:626-101カタログ画像(メーカーカタログより引用)
■散水栓ボックス:626-101カタログ画像(メーカーカタログより引用)

そもそも、筆者が気にしすぎなのでしょうか・・・ 😣
ホース用の穴は孔いているわけですし、住宅の散水栓なんですから、文字通り散水に使用することは容易に想定できるわけなので、設計屋の観点から考えれば、当たり前にフタは閉まるものだと思うのですが・・・ 😢

そもそも筆者の心が狭すぎるのでしょうか? 😢

 
確かにちょっと狭めである(広くはない)ことは否定しませんが・・・ 😔



お隣の「1号棟」のKさんのようにサラッと流せるほどの心の広い、でっかい男になりたいものですね 👍
 

ちょっと調べてみました

筆者は、実は最初っから水栓の位置か、散水栓ボックスの位置が間違ってるんだ!!!😠と決め付けておりましたので、ちょっと調べてみることにしました。

建築士ではあるのですが、特に外構ということもあって、水道屋さんや外構屋さんの細かいニュアンスまでは知る余地もありませんので、まずは散水栓の水栓位置の標準的な位置の決め方はどうなっているんだろう?というところから入ります 😌

水栓位置の計測

まずは筆者の建売マイホームについている散水栓ボックスの寸法と、水栓の位置を調べます。
上👆でもご紹介していますが、改めて、スケール(コンベックス)を当てて撮った写真が以下👇の写真になります。

筆者の建売マイホームの散水栓にスケールを当てた計測写真の画像
■筆者の建売マイホームの散水栓の計測写真

あくまでも上から見える範囲のお話にはなってしまうのですが、ボックス全体は概ね250mm(25センチ)ほどで、左側50mm(5センチ)ほどは開かない形で、右側の200mm(20センチ)ほどがフタになっています。

ちなみに、念のためですが、なるべくちゃんと計るため、フタは外した状態の写真です。

水栓の位置としては、このフタの中心に設定されていることが読み取れると思います。
水栓の右側(意味なく?)10センチほど空いていますので、本当はもう少し右に取り付けられるべきなのではないかなぁ・・・と想像できますよね?

製品の限定

散水栓のボックスは色んなメーカーさんが出していますし、それぞれ標準の寸法関係が違うはずですので、まずは品番の限定をしなければなりません。
品番の限定はテコずることが多いのですが、今回は意外と簡単にいきまして、すでに上👆の画像をご紹介してしまいましたが、カクダイさんの散水栓ボックス「626-101」という製品のようです。

カタログページでは以下👇の画像の右側👉の製品です。
※メーカーさんカタログより引用。

カクダイさんのカタログページからの引用:626-101の掲載箇所
■カクダイさんのカタログページからの引用:626-101の掲載箇所

これによると定価2400円とのことなので、たぶん1000円くらいで仕入れてますよね・・・
まあ、所詮建売ですので、止むを得ないのですが・・・ 😐

この「626-101」は、底板の付いていないタイプなのですが、ちょっとだけ高価(?)な左側の「底板あり」のタイプがありまして、これには水栓を固定するための「給水ユニット」が付いているようですので、この「626-100」の寸法関係を調べれば、きっと水栓の取り付けられるべき位置が判明するはずです 😋

標準寸法とズレの調査

類似品と言いますか、同じボックスの上級仕様の製品に当たる「626-100」。
製品図面をメーカーさんサイトからダウンロードしますと、以下👇のような図面が出てきました。

※紙面の関係でダウンロードした図面の一部を抜粋しています。

カクダイさんの散水栓ボックス626-100の図面画像(一部抜粋)
■クリックすると少し大きくなります

念のため、形状が正しいかどうかを確認するため、地上に出る部分の外形寸法を探してみますと、上側の平面図部分に記載が見られる「256.0」がこれに当たりそうですので、先の筆者の建売マイホームの散水栓での計測寸法「250mmほど」とほぼ一致していることになりますから、大丈夫そうです。

また、話は少し逸れますが、右側に出っ張っているパイプ状のものと断面図のボックス内下方に点線表示されているものが「給水ユニット」に当たるようで、一見、定位置のようにも見えるのですが、位置の数字が記載されていませんので、自由に位置が設定できるタイプみたいです。

ここでこの「給水ユニット」が固定されていたりすれば、話も分かりやすいのですが・・・ 😓

おそらく、自由に動かせるという意味で寸法が出ていないのだと思うのですが、標準的な位置に描かれているものと仮定しまして、もう少し見ていきます。

寸法の数値が謳われていませんので、水栓の位置とフタの位置関係を確認するために、CADで開いて、少し加筆したものが以下👇の画像になります。

前掲のカクダイの散水栓ボックス626-100の図面画像に一部寸法などを追記した図面画像
■クリックすると少し大きくなります

中央付近に赤の一点鎖線で描いた縦のラインがフタの中心
この図が標準的な形を描いているものだとしますと、点線で描かれている「給水ユニット」の外形から、この中心に立ち上がっている黒の一点鎖線が水栓が取り付くべき位置の芯ということになりますよね。😔

・・・としますと、そもそも仮定自体が少々強引なのですが・・・
筆者の建売マイホームの散水栓の水栓位置は、そもそもあと23mmほど奥の方(右側)に取り付くべきだった、ということになると思います。
23mmズレていれば、確かにホースを繋いだ状態でもフタは閉まったかも知れませんよね 😲

ちなみに、散水栓とボックスの据付説明書などがあれば、明確な数字が謳ってあるはずだと思っていたのですが、各メーカーさんの製品をWEBでザッと当たってみる限り、説明書的なものは見つかりませんでした。
引続き、時間を見つけて探してみようと思っていますし、本業の方でも機会があれば設備屋さんに聞いてみようかな・・・と考えていますので、進展がありましたら、随時、更新していくように致します。

改善策を検討してみる

愚痴ってばかりもいられませんので、具体的な改善策のお話に入っていきましょう!😫

まず、BOX内に放置してある、以下👇の写真の部品は直接ホースを繋ぐための部品であって、繋いでも水圧が掛かれば100%外れてしまいますし、20年前ではない最近と考えますと、あまり一般的な繋ぎ方ではないと思われますので、これ👇は考えないことにします。

水栓の先に付いていた既存部品の写真画像
■水栓の先に元々付いていた既存部品

だいぶダンゴ虫が集(タカ)っていますね・・・ 😒 見苦しくて申し訳ない 🙍

使っている散水ホースリール

まずは、筆者が4年ほど前に近所のホームセンターで取急ぎ購入してきた、製品は以下👇のような製品です。

筆者が建売マイホームで使用しているホースリールの写真画像2枚
■筆者の使用しているホースリール(2枚)

製品名らしきものは記載があるのですが、メーカーさんや品番は残念ながらよく分かりません・・・ 😞
使い勝手は抜群!👍とまでは言えませんが、実際に手を汚さずにも巻き取れますので、書いてあることは決して嘘ではありません。
また、4年間使用している割に未だにしっかりはしているので、散水栓のフタが閉まらないことを除けば、十分満足できるお買い物だったと思ってます。

手を汚さず巻き取れる」をキーワードにWEBで探してみますと、アイリスオーヤマさんの製品だと分かりました。

・・・って、本論からは逸れてますね? 失礼いたしました 😋


一応、製品のご紹介をしておきますので、必要に応じて以下を展開してみてください。

■わくわく堂さんの商品画像

本論から外れますので、折りたたみにてご紹介します。😫

品番が分からないのですが、アイリスオーヤマさんの「フルカバーホースリール スリム 20M」という製品、送料無料(2019年5月現在)の「わくわく堂」さんからのご紹介になります。

他にも取扱いショップはあるのですが、送料無料で「2980円」は最安じゃないかと思います
確か、筆者が近所のホームセンターで購入したときは3580円だったか3780円くらいはしたと思いますので、ネットで購入しとけば良かったな・・・と改めて今、ちょっと後悔しているところです。😢

【送料無料】フルカバーホースリールスリム 20M アイリスオーヤマ

この折りたたみ前後にも書いてありますが、特に初期の頃は、「手を汚さずに巻き取れる」との謳いの通り、実際に手を汚すことなく巻き取れました
4年以上使用している最近は多少のガタが出てきていますので、ホースに手を添えながら巻き取った方が綺麗に巻けるため、筆者は手が汚れることは気にしないで、手を添えて巻き取るようにしています。

色のバリエーションとしては5色の展開。
筆者が購入したのは、前掲の写真の通り紺色のタイプです。
わくわく堂」さんの商品ページを見ますと、何色の製品なのか書いていないみたいですので、もし購入される場合は、事前にご確認頂いた方がよさそうです。

コストパフォーマンス的な観点では、過去に使用した他社製品などと比べると、比較的しっかりしていますし、経年劣化は当たり前にあるのですが、玄関先に置いたとしても見ため的にもさほど違和感はありませんので、悪くない印象ですよ。👌

あくまでもお値段なり・・・なのかも知れないのですが、個人的にはコストパフォーマンスは高い方ではないかと思います。😥

改善策の検討

また話が逸れてしまいそうでしたので、軌道修正しますと・・・、
実は、使っている部品の細かい寸法などの図面的な資料をご紹介しながら話を進めた方が説明も分かりやすいだろうと思っていたのですが、アイリスオーヤマさんの製品は図面的なものの入手が中々難しくて、これは適わず、どうやら実際の写真を使ってお話しするしかないようですので、上の方でご紹介した写真も使いまわしつつ進めていきます。

ホース接続部の拡大写真の写真画像(解説用コメント入)
■ホース接続部の拡大写真

この写真👆で見ますと、根元側に移っているのが「口金」と呼ばれる部分になりまして、周知のとおりだとは思うのですが、ホースを容易に抜き差しするために、蛇口の先っぽに直接固定されるべき部品です。
これより左側がホース側になるわけですが、図示の範囲がホースと一体になってしまっておりますので、なるべく手軽に解決しようと思うと、できれば外したく(バラしたく)はないですよね・・・😓

ということで、この「口金」に着目しまして、ここを改善する方向で検討してみることにしてみます。
ご存知の通りだとは思うのですが、 抜き出しますと以下のような形状です。

口金部分を外してスケール(コンベックス)と並べて撮影した写真画像
■口金部分の形状

スケール(コンベックス)を当てて撮ってあるので、何となく寸法感は伝わるかな、と思います。
ちなみに、上側がホースを受ける方で、下側は蛇口の先っぽに取り付く方です。
20年ほど前に購入した洗濯機のホースに付いていたものと、ほぼ同じ形状のような気がしますが、 三方からネジを締め付けることによって、蛇口の先端に固定するタイプの部品です。

口金SGP-01

できれば正確な寸法を把握できないかな・・・と思って、少し調べてみましたところ、ホースリールの製品としては、詳細がはっきりしないのですが、この「口金」だけ抜き出してみますと、楽天さんに似たような製品がありました。

■WebbyさんのSGP-01

交換部品というわけでもないようで汎用品として販売されているもののようなのですが、同じアイリスオーヤマさんですし、商品ページをごランいただくと書いてあるのですが、長さ(高さ)も56mmとのことで、ほぼ一致しています。

比率から見ても、先に紹介した筆者の口金と全く同じように見えますので、おそらくこの部品ではないかと思います。
※右は「Webby」さんのSGP-01の画像です。

ホースを全体的に引っ込めたい訳ですから、この長さ(高さ)56mmがもっと短い部品で代用することができれば、全体的にもう少し引っ込めることができる可能性が出てくることになります。

これのホースリールの交換部品として、一覧表みたいなものがあれば分かりやすいのですが、中々見つからず・・・、メーカーさんに問い合わせても(なぜか?)はぐらかされてしまいましたので、自己責任ということで単独製品で探していくしかないですね。😔

水栓の先端形状は?

交換部品としては設定がないようですので、この口金を取り付けるべき部分の形状を把握するため、水栓の先端に着目してみます。
すべての付属部品を外しますと、筆者の建売マイホームの水栓はこんな👇形状です。

既存水栓の拡大写真画像
■既存水栓の拡大写真

何と言うか・・・
マジマジと見たことはありませんでしたが、ここに貼り付けて改めて見てみますと、何か変というか、造形的に美しくないというか・・・、非常に違和感のある微妙な形状なんですね 😡

ま、それはさておき、本論に戻します。👊
出っ張りとしては意外と短く、先端にねじ山が切ってあるタイプになります。

ねじ山が切ってあるということは、裏を返せば、痒いところに手が届く昨今ですので、交換部品としての設定はないとしても、汎用品として、ねじ込み式の口金が存在するかもしれませんよね? 😇

ということで、ねじ山にねじ込めるタイプの口金で、高さが56mmより低いものを探してみることになります。

口金SGP-8

■WebbyさんのSGP-08

何種類か候補は挙がったのですが、色々と検討した結果、最終的に一番妥当かな・・・と思ったのがこれ👉
同じくアイリスオーヤマさんの「SGP-08」という口金で、これも同じく「Webby」さんの商品からのご紹介です。

商品ページを開いて頂けると分かるのですが、高さは40mmとのことですので、見た目にも先のSGP-01に比べると、だいぶスッキリしたプロポーションですよね。

無駄に長くないし、無駄に太くもないと言うか・・・ 😐

水栓先端との繋がり具合が違うと思うので、若干の誤差はあると思うのですが、「40mm」ですので、SGP-01の「56mm」と比べると、「16mm」ほどは縮まりそうな印象

アイリスオーヤマ ネジ蛇口口金 マリンブルー SGP-8

さっそく、これを嵌めてみることにします 👽

既存水栓にSGP-8を取り付けた様子を撮影した写真画像
■既存水栓にSGP-8を取り付けた様子

うん!😊 何となくしっくり来ましたね 👍👍👍

とは言え、果たしてどのくらい縮まるのか・・・、フタは閉まるのか・・・というのが、そもそもの問題ですので、プロポーションは関係ないですよね 😌

ちなみに、ここでご紹介しているショップ、Webbyさんは筆者もよくお世話になっていますが、「5880円(税込)以上で送料無料!&追加で何個買っても同梱0円!」という、あまり見かけない条件のお店で、例えば大きめの商品を含めて複数商品を購入する場合などは、圧倒的に好条件のショップさんです。
もちろん、上記金額未満の単品購入の場合であっても、送料はお手頃ですし、長さ900mm(90センチ)までは化粧棚板なども扱われているので、DIYの材料などを購入する際は、品揃えも意外と幅広いですし、よく利用させてもらっています。

施工結果

基本的に嵌めただけですので、「施工結果」と呼ぶほど、仰々しい施工などは一切していないのですが、結果をご紹介します。😉

取り付けしてから随分経ってからの写真ですので、相変わらず汚らしくて申し訳ないのですが、フタを開けた状態で取ったものが以下👇の写真になります。

建売マイホームの散水栓写真(after)※SGP-8にホースを繋いでみた様子の写真画像
■建売マイホームの散水栓写真(after)

写真中にも書き込みましたとおり、矢印先の黒い筒の部分は長すぎる気もしましたし、フタに当たっているような気がしたので、10mm(1センチ)ほど切り落としています


では、お次👇はフタを閉めた時の写真です! 💀💀💀

  
 
 
 

ちょっと、もったいぶってます 😔


 
 

じゃじゃぁ~ん!!! 🙆

口金交換後に蓋を閉めた状態の散水栓の写真画像(真上から撮影)
■蓋を閉めた状態の散水栓(真上から撮影)

えぇっ? これだけで閉まったの?? 👀👀👀


・・・という風に一見みえるのですが、これ👆は写真を真上から撮っているからそう見えるだけなんです 😢 

わざと、そう撮っているわけではありませんよ。たまたまです 😏

皆さんご存知の通り、確か、世の中とか人生ってそんなに甘くなかったはずですよね?
庶民には風が冷たいっていいますか、容赦ないっていうか・・・
特にバブル崩壊後1993年以降に大学を卒業した我々には就職口すらが・・・

キリがないので止めときます 😔

そうなんです! 甘くなかったんです・・・ 😓

改めて角度を変えて取り直した写真は以下👇のものです。

口金交換後に蓋を閉めた状態の散水栓の写真画像(横方向から撮影)
■蓋を閉めた状態の散水栓(横方向から撮影)

横から低めの位置から写しますと、こんな👆感じです。

でも、まだ出っ張ってはいるのですが、当初はこれよりも30mm(3センチ)くらいは出っ張っていましたので、口金を16mm詰めただけでここまで閉まるようになったのは、個人的にはまあまあかな・・・と思っています。

手伝ってくれていた娘(当時4才)に、「ここまで閉まれば上出来だよなぁ?」と問いかけたら、苦笑いしながら無言でしたけど・・・ 😓

今日のまとめ

今日は、閉まらなかった散水栓のフタを、パッと見閉まるように改善できたかのようにも見えるレベルまで改善したお話をして参りました。

今回は部品を一個変えただけの超安易な手法でしたので、まだまだ検討の余地も改善の余地も十分あります

そもそも水栓の位置をキチンと所定の位置に設置してくれれば、こんな話をすることもなかった訳ですが😣、水栓の位置は特にDIYでは容易には調整できるものではありませんので、筆者の他にも困っている方がいらっしゃるようでしたら、参考にして頂ければと思います。

100%の改善策については、今後も引続き模索しまして、「続編」としてお話できるよう精進します 👊

では、またどこかの投稿でお会いしましょう! 🙏

コメント