スポンサーリンク

シロアリの生態と驚くべき生殖システム

投稿7524のアイキャッチ その他

今日は、ヤマトシロアリの生態驚くべき生殖システムについてのお話をさせて頂こうと思います。

見つかった大量のシロアリを、9/13(日)の取急ぎのDIY駆除で、見ため的には一掃できたようにも見えなくもない所なのですが、そもそもシロアリの詳しい生態も調べずに、勢いだけでやってしまいましたので、本当に駆除が完了したのかどうか?、または、さらなる対策が必要なのか?という観点から、把握しておくべきだろう・・・と思われた点について、WEB調査を行って、情報を整理した備忘録的な内容になります。 😌

・・・ですので、全般的な生態の話ではなく、筆者が気になった部分だけですので、少々個人的な視点に偏っているものと思われます。
また、今回見つかったシロアリの種類については、現段階で「ほぼヤマトシロアリとみて間違いないだろう・・・」と睨んでいることより、「ヤマトシロアリの生態」ということで調べているため、この観点での偏りもあります。
これらの点について、予めご了解いただくと共に、ご容赦頂ければと思います。

他の投稿で色々とご紹介してきました、去る9/12(土)に筆者の建売マイホームの1F木製デッキ①にて、見つかった大量のシロアリについての投稿シリーズ、第六弾です!👊
  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シロアリのお話シリーズ目次

準備が整い次第、時系列で順次ご紹介していますので、現時点でご用意ができているお話までの目録になります。

お時間が許されるようでしたら、別のお話の方にもお立ち寄りください。😌

そもそもシロアリは越冬する?

基本中の基本ではあるのですが、そもそもシロアリは越冬するのか?という観点の疑問です。

挿絵:シロアリの越冬のイメージイラスト画像

当初から、シロアリは一年サイクルの昆虫ではなく、数年は生きるものと考えていたのですが、筆者の記憶だけが頼りな情報でしたので、そもそも、どこから得た知識なのかも定かではありませんし、例えば、アシナガバチやスズメバチ等は女王を除いて、基本的に一年サイクルですので、越冬するのは女王バチのみですよね・・・

この辺りの客観的な裏付けを確認すべく、(安易で恐縮なのですが・・・)WEB調査してみた結果になります。
※安易ではありますが、10件以上は見てます。

要するに、敢えて駆除しなかったとしても、冬が来れば死滅するのでは?という楽観的な視点ですね。😑

結論は・・・
当初の想定通りで、残念ながら越冬は当たり前にする!という結論でした。😅
でなきゃ、ここまで毛嫌いされるはずもないでしょうしね。

しかも、他の昆虫たちの活動が限りなくゼロになる冬でさえも、冬眠もすることなく基本的に活発な活動を続けるようですので、そうそう世の中は甘くはない!ということになってしまいました。😩💧

皆さんも、これから冬だからと言って、油断しないように注意してください!

じゃあシロアリの寿命は?

それでは、次なる疑問・・・
ヤマトシロアリは一体何年生きるのでしょうか?

挿絵:シロアリの寿命のイメージ写真画像(本当は裏返っているだけ)※死んではいない
■シロアリの寿命のイメージ挿絵(本当は裏返っているだけ)

この点については、非常にお詳しい印象だった駆除専門の業者さんサイトや、別の専門家の方もはっきりした数字で明言はされていませんでしたので、調査中ということになりそうですが、結論を申し上げますと、兵アリ職アリ2~5年ほど・・・、

 
女王アリは何と!十数年😱
 
王アリは、ななな何と!!
数十年!🤧


と言われているようです。😐

これでは、仮に一冬越したところで何の足しにもならないということですので、やっぱり駆除はちゃんとやらないといけないということですね・・・😨 

シロアリの巣はどこにある?

これがWEB上では説が分かれているような気がして、今一つ的を得ないままなのですが、イエシロアリが土の中に巣を作るのに対し、ヤマトシロアリは巣を基本的に持たず、加害した木の中に住みついてしまうという見解が大半でした。

挿絵:シロアリの巣のイメージ写真画像(筆者の建売マイホームの発見箇所より)
■シロアリの巣のイメージ挿絵

ただ土の中に作る場合もありそうなニュアンスで書かれているサイトもありましたので、実際のところは、筆者には分かりません。😞

今回はWEB調査でしたので、主に駆除業者さんの情報がメインになってしまいましたが、今回の調査レベルでは、断言できるほどの100%の結論を得るのは難しいようですので、昆虫学とかの文献など、その他の分野の情報を当たってみるしかないのかもしれません。

・・・とは言え、今回のシロアリ騒動でも、この巣が一体どこにあるのか?もしくは一体どこにあったのか?という点は、駆除の観点からも大問題にはなりますので、客観的な事実を元に現状での筆者なりの分析と考察はまとめています。

最終的には筆者の憶測の域を出ないのですが、今回の一連の騒動で撮影した写真や動画などを元に、「巣はどこだ?」という観点で、色々と考察しておりますので、お気になられる方はそちら[シロアリの巣はどこだ?]もご参照頂ければと思います。

驚くべき生殖システムについて

次は、ヤマトシロアリの生態ということで調べていて、思っていたより、だいぶ息の長い昆虫だということは認識できたのですが、この息の長さがどこから来ているのか?というお話です。

生態」という分野からは少し外れそうな気もしつつ・・・、生殖能力と言いますか、生殖の仕方にその根拠があるようです。
だいぶ驚いてしまいましたので、詳細については、もちろんご専門のサイトに譲ることにはなるですが、ここでは、その驚くべき生態について、概要をご紹介したく思います。

単為生殖と有性生殖について

だいぶ専門から外れてしまいますし、昆虫好きな子供時代を送った割に、高校での生物の授業は大っ嫌いでしたので、的がズレたご説明になるかもしれませんが、まずは、単為生殖有性生殖について。

有性生殖(ゆうせいせいしょく:Sexual reproduction)とは、2つの個体間あるいは細胞間で全ゲノムに及ぶDNAの交換を行うことにより、両親とは異なる遺伝子型個体を生産することである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%80%A7%E7%94%9F%E6%AE%96

いきなりWikipediaさんからの引用を貼らせて頂きましたが、平たく言えば、一般的な生殖は、オスとメスの結合によって遺伝子の交換を行うことで、別の新たな個体を生み出す流れですよね?
この当たり前の生殖が、有性生殖と呼ばれています。

挿絵:DNAイメージの模型写真画像

単為生殖については、以下のように記述されています。

単為生殖(たんいせいしょく、英語:parthenogenesis)とは、一般には有性生殖する生物で雌が単独で子を作ることを指す。有性生殖の一形態に含まれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E7%82%BA%E7%94%9F%E6%AE%96

つまり、オスを解すことなく、かつ遺伝子交換もすることなく、メスだけで新たな個体を生み出すことを単為生殖と呼ぶそうです。

もう一つ、似たような言葉で「無性生殖」というのがあるのですが、これについては話がややこしくなりますので、ご興味のある方がいらっしゃれば、Wikipediaさんのこちらのページを見てみて頂ければと思います。
その他、単為生殖でメスだけが生まれることを「産雌単為生殖」と呼び・・・など、色んな話もあるのですが、あんまり関係ありませんし、ややこしくなるだけですので、ここでは割愛させて頂きます。

ミジンコなどが、この単為生殖で増えていくことは周知の事実だと思うのですが、ヤマトシロアリの女王アリもこの単為生殖を行っているんだそうです。😱

言わば、クローン技術を使って、女王アリは自分のクローンを作り出すことができる!ということですよね。

ちなみに、あんまり関係ないのですが、この事実は「女王位継承システム(AQS)」と呼ばれているようです。
※Asexual Queen Successionの略で「AQS」のようですね。

皆さんご存じでしたか?👀
こんなことで驚いているのは筆者だけでしょうかね・・・ 😅

従来の考え方と女王位継承システム

基本的にシロアリの社会は、大多数を占める兵アリや職アリは生殖機能を持たず、この機能を持った王アリと女王アリのみが生殖を行い、何万匹という大家族を構成しています。

Wikipediaさんからの引用:ヤマトシロアリの写真画像
■Wikipediaさんからの引用:ヤマトシロアリ

前項の事実は2009年に松浦さんという方が、世界に先駆けて発表したらしいのですが、それ以前の考え方は、コロニーを創設した、シロアリ版アダムとイヴの死後は、生殖機能を持つように新たに分化した、副アダムと副イヴが、王座を引き継いで継続していくものと考えられていたようで、これを根本的に塗り替える、画期的な研究成果だったようです。

元の考えだと、いわゆる近親交配になってしまいますので、コロニーはいずれ衰退していくものと考えられていた、ということだと思います。🤔

商品リンク写真画像:社会性昆虫の進化生物学 Amazonさん
商品リンク:Amazon
社会性昆虫の進化生物学

その後色々と研究が進められ、現在に至るようなのですが、WEB上で見る限り、色んな情報が飛び交っていて、どこまでが、2009年に発表された事実なのかがよく分りませんでしたので、この詳細を調べてみようとも思ったのですが・・・
少々お高い文献でしたし、そもそも筆者にとっては専門外のお話ですので、差し当たって遠慮することにしました。😓

この👉文献の第六章に「シロアリの社会進化と性」という章がありますので、そこを見ればもっと少し詳しいことが把握できるものと思います。👍

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、検討してみて下さい。😌
※目次はこちらのページに掲載されています。

なお、同じタイトルで黒表紙の似たような文献も検索で引っ掛かってきますが、AQSの事実が2009年に発表されているのに対し、その黒表紙の方は1993年発行のようですので、おそらく内容が異なります
いずれにしても、お手頃価格とは言いにくい価格設定ですので、ご注意願えればと思います。😉

単為生殖と有性生殖を使い分ける?

ただ普通に考えると、近親交配は避けられたとしても、遺伝子交換が行われないと、新たな遺伝子が生まれず、コロニーは衰退していってしまいますよね・・・
この問題について、ヤマトシロアリは単為生殖と有性生殖を使い分けることで、これを回避しているとのこと。😱

これも筆者的にはだいぶ仰天してしまいました。🤧

どういう事かと言いますと・・・
前項でご紹介した、従来の考え方で言えば、まさか単為生殖が行われているとは考えていない訳ですので、副アダムと副イヴの遺伝子には、王アリ(元のアダム)と女王アリ(元のイヴ)の遺伝子が当たり前に混ざっているはずですよね?
当然のように、同じコロニー内であれば、兵アリや職アリ、羽アリにも同様に混ざっているはずです。

挿絵:単為生殖と有性生殖の選ぶシロアリの女王アリのイラスト画像

なのですが・・・
最後に参考サイトをまとめてご紹介しますが、京都大学昆虫生態学研究所さんのサイトに拠れば、 副女王(副イヴ)の遺伝子型を、王アリ(元のアダム)と比較した所、副女王の遺伝子には王アリの遺伝子型は含まれていなかったそうです。🤨 

掲載のされ方が微妙ですので、これが元の松浦さんの研究成果なのか、京都大学昆虫生態学研究所さんのオリジナルなのかは何とも言えません。
もしかすると松浦さんの研究室が京大なのかな・・・ ←松浦さんの研究室でした。

つまり、ヤマトシロアリの女王アリは単為生殖を行うと書きましたが、原則的には有性生殖を行って、兵アリ、職アリ、羽アリなどを生み出してはいるものの、副女王(副イヴ)を生み出すときに限り単為生殖で行っていることが、ここで事実として認識されたということになります。


あんなに小さいのにすごいですよね!😲
確かどこかのサイトで、シロアリは3億年前から地球上に存在していると書かれていたと思うのですが、その当時からこのような巧みな生殖システムだったから、生き延びてくることができたのか・・・
もしくは、生き延びるために、現在のような形に進化してきたのか・・・
非常に興味深いのですが、さすがにそこまで触れているサイトは見つかりませんでした。😓

他人事っぽくて申し訳ないのですが、ご専門の方々の今後の研究成果に期待したいです。😁

卵門の開き具合を調整してる?

「卵門」って何?👀 って思いますよね。
もしかすると筆者が無知なだけかも知れませんが・・・😞

とにかく筆者はぜんぜん知らなかったのですが、昆虫の卵には精子を受け入れるための、「卵門」という穴が空いているそうです。

挿絵:卵子をイメージさせるイラスト画像

これも先ほどの京都大学昆虫生態学研究所さんのサイトからの情報になるのですが、ヤマトシロアリの卵の卵門を6000個ほど調べたところ、卵門の数にバラつきがあることが分かり、色々と調べ廻った結果、有性生殖でできた卵には卵門があり単為生殖で作られた卵には卵門がないことが判明した、とのこと。

当該ページに卵門の顕微鏡写真も掲載されていましたので、ご覧になってみて頂くとイメージしやすいと思いますので、ぜひこちらをご覧になってみてください。
※京大さんの当該ページです。別のタブで開きます。

さらには、若い女王アリ卵門のない単為生殖で作られた卵は産まず年老いた女王アリ卵門のない卵を産むことを突き止め、これによって、死ぬ前には女王位を継承できることのできる、生殖機能を持った副女王(副イヴ)を生むための単為生殖が行われ、次の世代へ繋いでいっている、ということが判明したと綴っています。🙆‍♀️


何というか、前項の末尾でも書いた通り、非常に興味深く、巧みな生殖システムであることがよ~く分かりました。😉
結局、要するに・・・☝
王アリの寿命が長いために、女王アリを次世代で継承する必要が生じ、次世代に継承することができることで、結果的に、何代にも渡って反映し続けることになる、ということですね。

ここまでの巧みな生殖システムが存在しているということは、個人的には、王アリが老いてきた時にも何かしらのバックアッププランが存在しているような気もしますが、これについても、今後の研究成果に期待したい所ではあります。👌

参考にしたサイト

この章に掲載した内容について、主に以下のサイトさんを参考にさせて頂いております。
Wikipediaさんは周知のとおりだと思いますが、京大昆虫生態学研究所さんはさすがは京大!と思える内容ですし、駆除業者さんにはなるのですが、シロアリ一番さんもビックリするほどお詳しいです。

[参考にした主なサイトさん]
 1) 京都大学昆虫生態学研究所さん:
   http://www.insecteco.kais.kyoto-u.ac.jp/research_termite.html
2) ウィキペディアさん:
    https://ja.wikipedia.org/wiki/単為生殖
  https://ja.wikipedia.org/wiki/有性生殖
 3) シロアリ一番さん:

   https://www.shiroari-ichiban.com/
 ※シロアリ一番さんは駆除専門業者さんサイトです。

お時間が許されるようでしたら、お立ち寄り頂ければと思います。😌

今日のまとめ

今日は、筆者の建売マイホームで見つかった、ヤマトシロアリと思われるシロアリの生態を把握するために行ったWEB調査で得た事実について、整理して参りました。

ヤマトシロアリの基本的な生態を調べている内に、(筆者だけかも知れませんが・・・)驚くほど巧みな生殖システムによって支えられた生態であることが判明したりして、非常に興味深かったのですが、基本的に地中や枯れ木の奥底で生息している昆虫であるためか、まだまだ解明されていない事実がたくさんありそうな印象も受けました。

筆者の専門外にはなりますので、他人事みたいになってしまって恐縮なのですが、ぜひ今後の研究成果に期待したいと思います。

なお、そもそも今回の生態調査は、先日、取急ぎで実施したDIYシロアリ駆除が成功したのか否か?を推し量ることが目的の調査でしたので、この内容を踏まえた上で、引続き、裏付け調査を行っていきたく考えています。

差し当たっては・・・
おそらく完全には駆除は成功していないだろう・・・という、現状での結論になります。😓

早く何とかせねば💦

最後までお付き合い頂き、どうも有難うございました。🙏
 
 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました